マレーシア・ペナン島日記

マレーシアのペナン島での生活を通して見たこと、感じたことを発信します

セカンダリースクールの生徒対象のビッグイベント

配属先では、先週、SSYSという大きな催しがあった。

SSYSとは

SSYSは「Search for SEAMEO Young Scientists」の略で、日本語にすると「SEAMEO各国からの若い科学者の発掘」とでもいうような意味かと思う。 SEAMEOは日本語では「東南アジア教育大臣機構」といい、東南アジアの11か国が加盟している。 ASEAN東南アジア諸国連合)加盟国は10で若干のずれがあるが、それは東チモールである。 同国はSEAMEO加盟国だが、ASEANにはまだ入っていない。

SSYSはSEAMEO各国のセカンダリースクールの生徒を対象に、理科数学の研究発表をする大会である。 優秀な発表には賞金も用意されている。

第13回SSYS

先週のSSYSは第13回のSSYSで、生徒と引率教員などで約500名の参加があった。 非常に大きなイベントである。 テーマは「ワン・ヘルス」で、それは次のような考えだ。

近年コロナウイルスのように、動物のウイルスが人間にも感染することが問題になっている。 これは、開発などが進み、人間社会と動物の棲む自然が近づいてきて起こったものである。 そこで、人間の健康だけでなく、動物の健康、自然の保全、そして人間と動物の棲み分けなどを考えていく必要が出てきた。 この考え方をワン・ヘルスという。 このテーマでは医療、環境、動物など様々な視点が可能なので、多様な研究発表が可能であり、実際に多様な発表が行われた。

5日間の日程だが、メインになっているのは月曜から木曜までの4日間で、この間に各グループの発表と審査がある。 審査結果は木曜日のクロージングセレモニーで発表された。

今回の最優秀賞はフィリピンのグループだった。 その他にも多数の賞があるのだが、受賞はフィリピンとマレーシアが多く、それに次いでタイだった。 全部の国に賞が与えられたわけではなかった。 ある意味、審査が客観的に行われたのかと思う。

ワークショップ

発表と審査の空き時間には、教員、生徒ともワークショップに参加することができる。 教員向けと生徒向けは別になっており、私は生徒向け、2時間のワークショップを受け持った。 内容はNimというゲームと、その戦略についてだ。 このゲームは日本では「三山崩し」とか「石取りゲーム」と呼ばれている。 このゲームには必勝法があって、それは数学やコンピュータで使う「二進数」が関係している。 ワークショップではゲームを楽しみながら、最終的にはその背後にある数学的な戦略を知るというものだった。

Nimのワークショップ

参加者からのアンケートではほとんどの回答が「非常に満足」だったので、自分としても嬉しかった。 興味のある人は、ワークショップのスライドをダウンロードできるので、以下のリンクをたどってほしい。